善光寺酒饅頭本舗つるや

饅頭の由来

我が国の饅頭には塩瀬饅頭と虎屋饅頭の二系統があります。いずれも鎌倉から南北朝時代にかけて栄、元の頃の中国に留学した禅宗の僧侶により、その製法を伝授されたものです。
「虎屋饅頭」は鎌倉末期の高僧・聖一国師が中国に留学中、饅頭の製法を習得して京都の茶店店主に伝授したと言われます。甘酒の絞り汁を火にかけ、それにもちごめの粉を混ぜて鍋をおろして発酵させる。その上でこれをこねて丸細く延ばし、小豆あんを包んでせいろの中で蒸す。いわゆる「酒饅頭」です。
のちにこの製法は上方に伝わり、大衆菓子として庶民に最も好まれたもののひとつとなったのです。つるやの「善光寺酒饅頭」はこの「虎屋饅頭」の製法を現在も忠実に伝えています。
酒まんじゅう